KISOの湧水をもっとおいしく!

きれいな緑で元気いっぱい!グリーンピースの豆ごはん

皆さん、こんにちは!

天然湧水「KISO」がお送りするハッピーチャレンジ第4回。今回は、きれいな緑で元気いっぱい!「グリーンピースの豆ごはん」のご紹介です。

古代エジプト時代から食べられていた、エンドウ豆

「グリーンピース」とはエンドウ豆のこと。

エンドウ豆は古代エジプトや古代ギリシャでも食べられていました。8~10世紀頃にインドや中国へ伝わり、のちに日本へ伝播したと言われており、平安時代に編纂された辞書「和名抄 (わみょうしょう)」にも、野豆(和名「乃良末女」のらまめ、エンドウのこと)の名が記されています。

日本ではしばらくの間穀物として利用されていたえんどうでしたが、明治時代になって欧米からさまざまな品種が導入され、グリーンピースとしての食用が一般的になっていきました。

野菜の中でトップクラス!ビタミンB1含有量

グリーンピースのビタミンB1の含有量は野菜類の中ではトップクラス。

糖からエネルギーを得るために不可欠なビタミンB1は、不足すると肩こり、めまい、動悸、下肢のしびれ、疲れやすさなどの症状が現れます。

それ以外にも、植物性たんぱく質やカリウム、食物繊維、鉄分が豊富で、むくみや高血圧の予防、便秘解消、疲労回復、抗酸化作用(βカロテン)、老化防止、免疫力UP、動脈硬化予防、がん予防、ダイエットにも効果的。

いいことづくめですね!

今回のチャレンジレシピ!
緑がきれいな「グリーンピースの豆ごはん」

グリーンピースのグニャっとした食感やくすんだ色が苦手…という方も大丈夫!

豆を後入れするだけで食感のはっきりした、きれいな色の豆ごはんを楽しむことができます。

材料(2~3人分):

グリーンピース(できればさや入り)...1パック

お米...2合

塩...適量

昆布...5センチくらい

①さやから出したグリーンピースを3分ほど塩ゆでし、豆をザルにあげ、ゆで汁と分けます

②磨いだお米にゆで汁を加え、分量まで水を足します(お好みで塩をひとつまみ)

③昆布を固くしぼったぬれ布巾で軽く拭き、②へ載せて炊飯器で炊きます

④炊きあがったら、昆布を取り、食べる直前に豆を混ぜ込みます

ポイント:熱で豆の色が悪くなってしまうので必ず食べる直前に混ぜましょう

冷凍や缶詰のグリーンピースって?

4月~6月頃に流通する生のグリーンピースですが、缶詰や冷凍ものなら一年中食べることができます。気になる栄養価はどうなのでしょうか。

缶詰は、加工の途中でビタミンがほとんど無くなってしまいます。冷凍は生よりは劣りますが、栄養価は生とほとんど変わらないので、栄養価を気にするなら冷凍ものがおすすめです。

生のグリーンピースはさや入りで3~4日、むき豆は1~2日で風味が落ちてしまうので、使い切れない場合はゆでて冷凍してしまいましょう。

おいしいグリンピースの見分け方

さやが鮮やかな薄い緑色で、全体にふっくらとしてハリのあるもの。さやの表面やへたが変色していないものを選びましょう。

グリーンピースはさやから出して時間が経つと風味が低下していくので、さや付きがおすすめ。時間が経つと風味が低下していくので、なるべく早く使いきってくださいね。

多くの栄養と効果のあるグリーンピース。暑い夏を元気に過ごしたいですね!

コメントする

名前

URL

コメント

ページトップへ