KISOの湧水でおいしく美しく!

大根おろしでヘルシーに!サクっと揚げ餅のシンプルお雑煮

皆さん、こんにちは。

ハッピーチャレンジ第三回は、お正月にぴったりの「大根おろしと揚げ餅のお雑煮」をご紹介します。

みなさん、お正月はお雑煮を食べますか?

丸餅、角餅、すまし仕立て、味噌仕立て、、、地域によって色々なお雑煮がありますね。

いつもの味にマンネリ気味、忙しくて材料を用意できなくて、、、という方も中にはいらっしゃるかもしれません。今回はそんな方にも、必見のレシピをご紹介します。

材料は、出汁、おもち、サラダ油、大根、調味料があれば大丈夫。サクサクの揚げ餅に、ヘルシーな大根おろしを合わせることでさっぱりと頂けます。そしてこの「大根おろし」に驚きの効果が!

簡単美味しい!チャレンジレシピ

(1~2人分)

①だし汁300ccにしょうゆ大さじ1を加え、小鍋で暖めます。

②フライパンに多めの油を入れ、中火でおもちを揚げ焼きします。

③揚げている間に、大根をおろしてザルで水気を切っておきます

④おもちが中まで柔らかくなったら、 油を切ってお椀に入れ、大根おろしをのせ、だし汁をそっと注ぎます。お好みで刻んだ三つ葉やゆずの皮を添えたり、茹でたほうれん草やにんじんを添えてもきれいです。

サクサク!じゅわっ!っとしたおもちに、さっぱりした大根おろし、シンプルですが、とってもおいしいお雑煮です。

さて、先ほども少し触れましたが、実はこの大根おろしに驚きの効果があるんです。

大根おろしは医者いらず!?

「大根どきの医者いらず」という言葉をご存知でしょうか?

昔からあることわざで、「大根の収穫どきにはみんな健康になり、医者がいらなくなる」という意味です。大根にはお腹の調子を整え、消化を良くする働きがあり、昔から体によいものとされてきました。

大根がおなかに良い理由は、アミラーゼという消化酵素がたくさん含まれているから。デンプンを分解する酵素のアミラーゼは、胃もたれや胸焼けに効果があります。

さらにタンパク質を分解してくれるプロテアーゼ、脂質を分解するリパーゼも含まれているので、揚げ物やお肉など、脂っこいものの付け合せとして食べると、食後の胃腸の消化を助けてくれます。

揚げ餅と大根おろしの組み合わせはぴったりだったのですね!

まだある大根おろしの効果!ピロリ菌退治からダイエットまで

大根を細かく切ったり、すりおろしたりする時につくられる辛味成分、「イソチオシアネート」。

これはワサビの辛味成分と同じもので、強い殺菌力があり、大腸菌やピロリ菌さえやっつけてしまうそうです。さらに、この成分は新陳代謝を促し血流をよくしてくれるので、ダイエットにも効果的なんだそうです。

※イソチオシアネートは揮発しやすいので、食べる直前におろすのがおすすめです。

また大根の皮の部分には血圧やコレステロールを下げて毛細血管をきれいにしてくれるビタミンPが含まれているので、効果を十分得たい場合は皮ごとおろします。

捨てるのはもったいない、大根おろしのおろし汁

大根おろしのおろし汁には、ビタミンや酵素が溶け出しています。捨てるのはもったいないですね。ご飯を炊く時に加えると、甘みが増しごはんに艶が出ます。お肉に漬け込めば柔らかくなりますし、味噌汁や鍋に入れても美味しいですよ。 喉が痛いとき、声がかれてしまった時にはハチミツを加えて飲むといいそうです。また、おろし汁でうがいをすると口内炎や虫歯、歯肉炎の鎮痛にも効果があるとか!

おろし汁でうがい、、、ちょっと勇気がいりそうですが、効果があるならやってみたいですね。

脇役のイメージだった大根おろし、こんなにたくさんの効果があったとは驚きです。焼き魚、和風ハンバーグ、冷しゃぶ、みぞれ鍋、おろし和え、、、どんどん使ってみたくなりますね!

それでは、よいお正月をお過ごしください。

コメントする

名前

URL

コメント

ページトップへ